齊藤 智教授

参加プロジェクト

認知心理学:記憶、学習、言語、認知制御

 

 記憶の機能とそのメカニズムを記憶科学 (memory science)アプローチにより探ることで、人間を理解しようとして

います。現在は、思考や行動の型を支える安定した記憶(言語知識、意味記憶)、その型を打ち破るための柔軟な記憶(エピソード記憶、ワーキングメモリ)について、実験心理学・認知神経科学の様々な手法を用い、

(1)環境に存在する規則性の学習・運用(統計的学習、第一言語の習得と理解・産出)、

(2)環境や状況の変化に応じた心的過程の制御と適応(記憶制御、意味制御、認知制御、実行機能、外国語学習)、

(3)社会文脈におけるそれらの動態(共同認知、協同想起、社会的自己制御)の観点から研究しています。

 

 近年の研究業績はこちらをご覧ください。

平成25年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基礎研究A「学校を中心とする教育空間における力動的秩序形成をめぐる多次元的研究」