服部 憲児准教授(運営委員)

参加プロジェクト
学校教育改善ユニット

教育行政学・教育政策学:教育改善を促進する政策の在り方

教育を改善するための方策について、教育政策の視点から研究を進めている。日本や欧米(主にフランス)の教育政策、大学・学校現場における教育改善の取り組みなどを研究している。特に関係する人々が能動的に動く制度・政策・取り組み等の構築に関心を持っている。

成果としては『フランスCNEによる大学評価の研究』(単著、大阪大学出版会、2012年)、『大学を変える、学生が変える』(共著、ナカニシヤ出版、2012年)、『教育行政提要(平成版)』(共編著、協同出版、2016年)、『コロナ禍で学生はどう学んでいたのか』(共著、ジアース教育新社、近刊)などがある。

平成25年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基礎研究A「学校を中心とする教育空間における力動的秩序形成をめぐる多次元的研究」